岩砂病院・岩砂マタニティ

リハビリテーション科

リハビリテーション科方針

リハビリテーション科では、ご病気やケガによる手足の麻痺や筋力低下などの運動機能の障害、あるいは嚥下障害や失語症、記銘力障害や注意障害などの高次脳機能障害などがみられる患者さんにリハビリテーション治療をご提供しています。
障害を克服されて家庭復帰や社会復帰をされる患者さんとご家族のお力になれるように、当院のスタッフ一同が精一杯お手伝いをさせていただきます。
特に脳卒中後の機能回復には、脳卒中の病態や脳卒中リハビリテーションに関する専門知識と技術をもったスタッフによる包括的なリハビリテーション治療が必要です。
当院ではこの地域の皆様により質の高いリハビリテーション治療をご提供できるように、最新の医療機器を配備し、患者さんひとりひとりの体調や回復段階に合わせたきめ細かい治療を行っていきます。
リハビリテーション治療は患者さん・ご家族も含め、関連する専門職の協力によるチーム医療により成り立っています。
当院では各職種がそれぞれの専門知識と技術を高め、それらを結集し、より良いリハビリテーション治療を実践していきます。
しかしながら患者さんの中にはリハビリテーション治療を行っても後遺症が残ってしまう方も多くいらっしゃいます。
リハビリテーションとは機能回復を目指すことはもちろんですが、たとえ後遺症が残ったとしても、残された機能を十分に活かすことにより、より良い生活をおくって頂けるようにすることでもあります。
患者さんやご家族様のご希望にできるだけお答えできるようにスタッフ一同頑張ってまいります。

(リハビリテーション科 部長 森 憲司)

リハビリテーション科では、患者さんが病気、ケガなどで障害を受けられた場合でも、再びその人らしい生活を取り戻して頂けるよう、急性期、回復期、生活期など、それぞれの患者さんの症状に合わせ入院リハビリ、外来リハビリ、訪問リハビリ、施設リハビリなどを実施しております。
また、チーム医療を実践すべく患者さんとはもちろんのこと、医師、看護師、ソーシャルワーカーなど他職種とのコミュニケーションを大切にしております。

(リハビリテーション科 科長 田中 利典)

理学療法

理学療法は、病気、けが、高齢など何らかの原因で、運動機能が低下した状態にある人々に対し、運動機能の維持・改善を目的に訓練を行っていきます。
寝返る、起き上がる、座る、立ち上がる、歩くなどの動作が不自由になると、日常生活に制限が生じてしまいます。それらの動作を誰もがひとりで行いたいと思うことは自然なことです。そのひとりひとりの思いを大切に、運動・動作の専門職として訓練プログラムを立案し支援していきます。
当院では、最新の医療機器を配備しており、早期に立位・歩行訓練など状態に応じて行っております。高周波などの電気治療も取り入れ、麻痺や筋力が低下した筋肉に対し機能回復を図っています。
また、残存機能を活かすためにも、福祉用具の適用、住宅改修相談も行っていきます。

作業療法

作業療法では、病気や事故などで生じた障害に対して、機能の回復や、今後生活していくために必要な、生活動作・余暇活動・復職へのアプローチを行います。
特に生活支援を重視し、患者さんに寄り添いながら、その人らしい生活を取り戻せる様、患者さん・ご家族への支援を行います。具体的には、身辺動作訓練(食事・整容・排泄・入浴)や家事動作訓練を行い、必要に応じて福祉用具の提案と使い方の指導や、家族への介助方法指導、住宅改修を含めた環境整備も行っていきます。また精神機能面へのアプローチとして、今までの趣味を生かした作業活動(手芸・園芸・物作りなど)を通して、心を豊かにし、心にゆとりを持った生活を送っていただける様、サポートさせて頂きます。

言語聴覚療法

当院では、ことばに障害のある方、飲み込みに障害のある方に対して、それぞれ訓練を行っています。

ことばの障害

<失語症>
脳のなかの言語機能の働きを担う部分が損傷を受けた場合に、「聞く」「話す」「読む」「書く」のそれぞれの能力が低下します。
人により重症度は異なりますが、「声は聞こえているが何を喋っているのか分からない」「思っていることがうまく言えない、伝えられない」といった症状に対して、当院では話し言葉の聞き取りに重点を置く訓練方法でコミュニケーション能力の向上を目指しています。

<構音障害>
顔面、舌などの発声発語器官が麻痺により動かしにくくなり、きれいな発音ができなくなる障害です。「顔面に左右差がある」「呂律が回らない」といった症状に対して、発声発語器官の運動や発音の練習を行なっています。

※訓練は主に個室で行います。

飲み込みの障害

水や食べ物がうまく飲み込めなくなる、誤って肺のほうへ入ってしまう等の障害です。
当院では、簡易的な評価に加え、必要に応じて嚥下内視鏡検査、嚥下造影検査を行い飲み込みのより詳しい評価をします。その他、言語聴覚士以外の職種と連携を取りながら安全な経口摂取ができるよう訓練を行っています。

心臓リハビリテーション 心臓リハビリは「ATOUT COEUR」!(ハートの切り札!)

トータルケアとしての心臓リハビリテーション

「心臓リハビリテーション」は心臓病を患った方々が
前向きにこれからの人生を謳歌して頂くための
重要な柱の一つであり、社会復帰や職場復帰を果たすだけでなく、
再発を予防するとともに生活の質・量ともに高める事が出来得る
新しい総合的・包括的なプログラムです。

心臓リハビリテーションって何なの?

リハビリテーションというと、骨折や脳卒中などを患われ障害をお持ちになった方々が
行われる訓練を連想される方も多いと思われます。
しかし、手足だけに限らず、日常生活に支障のないように心臓自身を整える事や心臓が
悪くて弱ってしまった身体全体を元気にすることも立派なリハビリテーションになります。
諸外国では「心臓リハビリテーション」は治療の一環として確立されていますが、日本でもこの10年の間でようやく認知されるようになってきました。

心臓リハビリテーションって何をするの?

例えば、風邪を引いて寝込んだ後に体を動かしてもかなりきつかったというご経験を
お持ちの方も多いと思いますが、心臓病があるからといって体を動かさないと
同様の状態が続いてしまい、これが余計に心臓に負担をかける事がわかりました。
そこで、心臓病を患った方に“適切な運動トレーニング”を行っていくことが
必要になってきます。
この“適切な運動トレーニング”が、心臓リハビリテーションの大きな柱になります。
加えて、栄養管理、日常生活動作、再発予防など、多職種が専門知識にて連携し、
患者様一人一人に対しトータルケア
を行っていくことが心臓リハビリテーションです。
運動負荷試験装置という機械を使ってお一人お一人に最も適した
運動の強さ・時間を決定し、フィットネスクラブのような感覚で楽しく効果的に
運動していただける最新の運動機器もご用意しました。

CPX(呼気ガス分析・運動負荷試験) 心リハ室 トレッドミル(転倒防止、斜度設定可能) 心臓リハビリテーションチーム

心臓リハビリテーションチーム : 心臓リハビリテーション指導士4名、認定呼吸療法士1名在籍

入院中の患者様の心臓リハビリプログラム

目標 洗面、排便、シャワー浴、廊下歩行などの身の回りの動作が
完全にできるようになること
内容 急性期の治療とともに、段階的にリハビリの活動量を増やしていき、
心臓機能評価の検査や、生活指導を行います

退院後の心臓リハビリプログラム

目標 退院後の職場復帰など、快適な社会生活や家庭生活に戻るため、身体的、
精神的に健康な状態を目指し、生活の質の改善
内容 心肺運動負荷試験などの機能評価検査をもとに、積極的な運動療法、
仕事への復帰の問題・不安などの心理的問題、食事療法などを総合的な
ケアを行います

心臓リハビリテーションを希望される患者さんへ

保険適応となる対象疾患

急性心筋梗塞、狭心症、開心術後、大動脈解離、解離性大動脈瘤、慢性心不全、
閉塞性動脈硬化症

上記で治療中の患者様で、当院での心臓リハビリテーションをご希望される場合は、
まずは当院外来受診をお願いします。

現在、他院で治療中の患者様で当院での心臓リハビリテーションをご希望の方は、
主治医の診療情報提供書(紹介状)をご持参下さい。
その際、かかりつけ医療機関より当院の地域連携室にご連絡の上、
外来予約を取っていただくと、当日の診察がスムーズとなりますのでご協力お願い致します。

リハビリテーション科スタッフ

筋肉の収縮に応じた電気刺激「パワーアシストモード」を搭載したPASシステムは、対象者の筋電信号(筋収縮)を的確にキャッチし、最も適した電気刺激をオート制御で出力できる先進のトレーニングシステムです。
脳卒中などの脳血管疾患および整形疾患の効果的な運動学習や筋再教育トレーニングが行えます。

洗い場での移動、浴槽への出入りや立ち座りの動作訓練や評価に使用します。
また、実際の家屋状況に設定した訓練や、事前にシミュレーションを行い安心した住宅改修が行えます。

電気刺激療法でニーズの高い、高電圧の刺激が深部に浸透する「Hi-Voltage」と、微弱な電流で創傷の治癒を促進する「MCR」の2つの電気刺激が行えます。
弱化(麻痺や筋力低下)した筋への機能回復、疼痛軽減を目的に使用しています。

膝関節と足関節を固定して、立位や歩行をする事が出来ます。
主に脳卒中で足に力が入らず、体重を支えられなくなった方に対し、早期に立位や歩行を獲得していただく為に利用されています。
 

足底部に高さを加え、立位や歩行の補助をすることができます。
足底部全体や踵部のみなど、高さを加える部分を限定することも出来ます。
主に左右の脚の長さが違う方、脳卒中により麻痺した足を前に振り出せない方の補助をする目的で利用されています。

Cardiovascular Stroke Care Conference〜心血管脳卒中連関〜で講演しました 平成29年度新入職員が入植しました 第42回日本脳卒中学会学術集会 STROKE2017で演題発表しを行いました。 平成29年医学生リハビリテーションセミナーを開催します 平成29年医学生リハビリテーションセミナーを開催します1 平成29年医学生リハビリテーションセミナーを開催します2 当院の言語聴覚士が応募したロゴマークが「岐阜県言語聴覚士会ロゴマーク」に選ばれました。 新判失語症リハビリテーション-全体構造法基本編-を執筆して 東海ラジオ「山浦・深谷のヨヂカラ!「すこやか介護」」に出演しました

2015年11月27日(金)

東海ラジオ
「山浦・深谷のヨヂカラ!「すこやか介護」」に出演しました。

テーマ : 「リハビリテーションのチカラ」    出演 : リハビリテーション科 森 憲司

▲再生ボタンをクリックすると番組内容が再生されます。