岩砂病院・岩砂マタニティ

検査について

CT検査とは

放射線(X線)使用して、目的部位の断層像を撮影します。
検査時間は10分〜30分ほどです。
頭部・胸部・腹部などの体内の様子が詳しくわかり、診断に幅広く利用されています。

MRI検査とは

強力な磁場を使用して、目的部位の断層像を撮影します。
放射線を使用していないため、放射線被ばくの心配はありません。
検査時間は30分〜60分ほどです。
脳梗塞やヘルニアなど、診断に幅広く利用されています。

超音波(エコー)検査とは

超音波を利用して、体内の様子をリアルタイムに観察します。
放射線を使用していないため、放射線被ばくの心配はありません。
検査時間は20分〜40分ほどです。
腹部・心臓・乳腺・血管・甲状腺などの診断に幅広く利用されています。

マンモグラフィ検査とは

乳房専用の撮影装置で検査します。
より病変を見つけやすくするために、乳房を圧迫して撮影します。
撮影は女性スタッフで行います。
詳しくは乳がん検診のページをご覧ください。

トピックス

MRI装置が新しくなりました。

MRI装置が新しくなりました。

乳房撮影装置が新しくなりました。

早期アルツハイマー型認知症診断支援システム(VSRAD/ブイエスラド)が新しくなりました。

早期アルツハイマー型認知症診断支援システム(VSRAD/ブイエスラド)

▲クリックすると拡大表示します。(PDF)

検査は、頭部MRI検査の一環として行います。検査時間は30分程です。
詳細は外来担当医師へおたずねください。

CTとMRI どこが違うの?

CTとMRI どこが違うの?

▲クリックすると拡大表示します。(PDF)

メタボリックシンドロームが心配な方へ

内臓脂肪量測定専用の解析ソフトを用いて、CTで撮影したお腹の写真から体脂肪面積やBMIを正確に測ることができます。
赤色が皮下脂肪、青色が内臓脂肪を表します。

肺疾患が心配な方へ

たばこを吸われる方は肺癌だけでなく慢性的な肺疾患のリスクがあります。
CTで撮影した胸の写真を解析し、COPD(慢性閉塞性肺疾患)の診断に有用です。
 
水色が肺の疾患部(喫煙歴40年)

活動報告

第42回日本脳卒中学会学術集会 STROKE2017で演題発表を行いました。

2017年3月18日に大阪国際会議場で開催された、第42回日本脳卒中学会学術集会 STROKE2017にて、演題発表を行いました。
今回の発表は、同学会で一昨年に発表した「赤核FA比と運動機能との関連」の第2報として、「脳卒中患者における運動機能と赤核FA比の関係」がテーマです。
近年、赤核は、神経線維の再構築に伴う運動機能の回復に関係があると報告されており、注目を集めています。発表を聞かれた多くの先生が興味を持ってくださり、発表後には、その先生方と情報交換ができました。
脳卒中を患った方に対して、運動機能の今後の見通しを予測するために、MRIでの画像診断を活用し、より良いリハビリに貢献できれば幸いです。

中島 弘之

第42回日本脳卒中学会学術集会 STROKE2017で演題発表を行いました。

第42回超音波研究会で演題発表を行いました。

平成28年11月12日に中濃厚生病院で第42回超音波研究会が開催され、以下の演題で発表を行いました。
「IgG4関連疾患への移行が疑われた胆管炎の一例」
IgG4関連疾患とは、全身諸臓器に腫大や肥厚を認める原因不明の疾患です。今回、このような貴重な症例を経験したため、当院での所見の振り返りを行い、考察を加え報告しました。他施設の先生方から意見やアドバイスを頂くことができ、大変勉強になりました。今後も知識を深め正確な画像診断ができるよう努めていきたいです。

小里 公二

第32回日本診療放射線技師学術大会で演題発表を行いました。

平成28年9月16〜18日に長良川国際会議場・岐阜都ホテルで第32回日本診療放射線技師学術大会が開催され、2題の演題発表を行いました。
「当院乳がん検診の実績 〜10年目を迎えて〜」 西脇睦
「メトロニダゾール誘発性脳症の検討」 小里公二
当院での乳がん検診が始まって10年目を迎え、現状と今後の課題を再確認することができました。また、メトロニダゾール誘発性脳症という貴重な症例を経験し、他施設の先生方と意見を交換することができ、とても有意義な会となりました。

小里 公二

岐阜県病院協会医学会医学会で演題発表を行いました

平成27年10月4日恵那文化センターで第31回岐阜県病院協会医学会が開催され、放射線科から以下の演題で発表を行いました。
 「当院における胃X線検査による胃がん検診への取り組みと現状」
画像評価や検診精度を数値化して統計を取ることにより、課題が明確になり今後の業務改善に具体的に取り組むことができる良い機会となりました。

矢野 みちこ

第40回日本脳卒中学会総会 STROKE2015にて発表を行いました。

第40回日本脳卒中学会総会 STROKE2015にて発表を行いました。平成27年3月26日〜29日にリーガロイヤルホテル広島にて開催された第40回日本脳卒中学会総会にてポスター発表を行いました。
  テーマ
  「赤核FA比と運動機能との関連が示唆された症例」
近年運動機能の回復には錐体路だけでなく赤核の回復が関係するとの報告があり、当院でも同様の症例を認めたので報告しました。会場では多くの先生方に興味を持って頂き、意義深い交流ができました。
この研究が予後予測に対する新たな指標になれば良いと考えています。

第43回日本脳卒中学会総会 STROKE2014にて発表を行いました。

平成26年3月13日〜15日に大阪国際会議場にて開催されました、第39回日本脳卒中学会総会にてポスター発表を行いました。
                テーマ「脳卒中患者におけるDTIによるFA比とBRSの関係」
これまで蓄積してきた症例が100例に達し、今回改めて、MRI画像を特殊なソフトで解析した評価法と運動機能の関係を調べ、予後予測を含めた報告をしました。
リハビリ訓練などに活用できるよう、今後も取り組んでいきたいと思います。
会場では多くの先生方に興味を持って頂き、また交流をもつ事ができ大変勉強になりました。

中島 弘之

第39回日本脳卒中学会総会 STROKE2014にて発表を行いました。

大規模災害 模擬訓練に参加しました

大規模災害 模擬訓練に参加しました外来部門で大規模災害を想定した模擬訓練を行い、放射線科も訓練に参加しました。
CT検査中に災害が起こり全館停電となる想定のなか、患者を安全な場所に避難誘導し、その後ポータブル撮影が出来る体制を整えました。
非常用電源だけの慣れない環境で様々な課題がみえました。
また他部署との連携協力が大切であると実感しました。
今後も訓練に積極的に参加していきたいです。

西脇 睦

日本脳卒中学会総会で演題発表を行いました。

日本脳卒中学会総会で演題発表を行いました。平成25年3月22日に東京で日本脳卒中学会が開催され、昨年度に続き研究発表をする機会を頂きました。
テーマは「DTTを用いた上下肢の機能評価に対する検討」です。
脳卒中患者さんの頭部MRI画像を特殊なソフトで解析し、上下肢を分けた運動機能を客観的に評価する方法について報告しました。この方法を用いてより詳しい病態把握ができるようになれば、リハビリカリキュラムの効率化や予後予測に活用できるのではないかと期待し、今後共研究を続けて行きたいと考えております。

放射線科  中島 弘之

第28回岐阜県病院協会医学会で演題発表を行いました。

平成24年10月に羽島市文化センターで第28回岐阜県病院協会医学会が開催され、放射線科から3題の演題発表を行いました。

「脳卒中患者のFA比の推移に関する検討」              中島弘之
「当院における新生児スクリーニング心エコーの現状」  武藤泉
「当院の乳がん検診の現状」                              西脇睦

演題発表は、日常の業務を見直す良いきっかけとなります。今後もこのような取り組みを継続していきたいです。

放射線科  西脇 睦

これまでの記事(クリックすると拡大表示されます)

岐阜県診療放射線技師会医療情報研究会■岐阜県診療放射線技師会医療情報研究会

日本脳卒中学会総会で演題発表を行いました。■日本脳卒中学会総会で演題発表を行いました。